7月のLive

※開場は開演の1時間前です

7月10日(土) 7:30PM〜 ジミー矢島・金藤カズ













ジミー矢島=1970年代初め、吉祥寺“ぐゎらん堂”で数々のプレイヤーと交流を深め、シバのギタリストとして名を馳せた。

現在は八ヶ岳に居を構え、地域に密着した活動を行っている。

金藤カズ=70年代から音楽活動を続け、80年代には愛知県のローカルヒーローだったという。今年アルバムを復刻したのと同時にまた活動を再開。

要予約。2500円(1Drink付き)



7月14日(水) 7:30PM〜 佐藤GWAN博




1970年代から歌い続けるシンガーソングライター。

心温まるファンタジックな歌が多い。愛だ恋だという歌がまったくないところが、“現代の童謡”たりえてるし、他のアーティストと一線を画している。

70年代ベルウッドから「青空」を発表後、20数年を経てセカンドアルバム「星空」を出す。
これらのすばらしい歌を、多くの人にもっともっと聞いて欲しい。

昨年新しいアルバム「おやすみお月さん」をリリースした。


要予約 Charge 3000円(1Drink付)



7月28日(水) 7:30PM〜 玉野井徹














1955年1月10日大分県佐伯市生まれの大阪育ち。
1972年 関西で三上寛の前座でオリジナル曲を歌い始める。
1975年 福岡「昭和」でライブ。
1979年 週刊プレイボーイのミュージックコンテスト入賞。
1987年 ライブ活動休止。
2005年 高田渡が死んだ翌日から、
渋谷「青い部屋」でライブ(弾き語り)再開。
2006年 「青い部屋」から四谷「コタン」に場所を移動。
2007年 ライブ活動再度休止。今回再々復活。

要予約。1000円+1Drink



7月31日(土)7:30PM〜藤縄てつや
















1970年、大阪生まれ。ブルース、フォーク、
オールドジャズをベースにしたパフォーマンスを
展開する、エンターテイナー。


コミカルなトークとともに。弾き語りスタイルでの
ソロライブを中心に、多くのミュージシャンの
サポートギタリストとして活動。


また、ウォッシュボードプレーヤーとしても定評があり、
なぎら健壱のアルバムにも参している。


2006年「My Blues Heaven」を発表。


要予約 投げ銭+1Drink