Orleans





 彼らはいい曲がいっぱいあるのに、なかなか1流になれないバンドだ。ジョン・ホールと奥さんのジョアンナ・ホールのつくる曲は、他のアーティストに歌われて有名な曲がたくさんある。

かつては(20年以上前だけど)、リトル・フィート、ドゥービーと並んでアメリカの中堅3バンド的にいわれたこともあったと記憶するが、オーリアンズはその中で知名度は一番低いかもしれない。でも、いまでもシコシコとアルバムを発表しているのは、彼らだけなんだから「Keep on Rockin’」したものの勝ちかな。

オーリアンズはジョン・ホールのバンドだ。ホッペン兄弟も他のメンバーもテクニックはしっかりしているし、何よりもそのあたたかい演奏が本当によいのだが、やはり、ジョン・ホールの曲とギターがオーリアンズの個性をつくっていると思う。数年に1度、アルバムを発表しつづけるバンドがもっと増えてくれればよいと思う。

彼らのDance With Me は、私の永遠のフェイバリットだ。心に染みるメロディ、アコースティックギターとマンドリンの使い方、途中から出てくるドラムとベース……。私にとっての理想に近いアレンジだ。ちなみに、アバのダンシング・クィーンとメロディが似ているけど、こっちが先。

ジョン・ホールは今はウッドストックには住んでいないらしいが、私にとってオーリアンズはいつまでもウッドストックなのだ。