Live 11月1日(土) 小川京子、もち子

New Comers of Woodstock Café 番外編2
2014年から始まった新シリーズ。都内ライブハウスで活躍するが、当店にはいままで登場しなかった有望なアーティストに歌ってもらう企画。まずはライブ人口を増やしていく。シンガーソングライター好きの世代間交流を目指す。この企画は、東京でもっともライブを見ている人、宮川健氏にアーティストの推薦と交渉の一切をやってもらった(彼のライブ評などはhttp://jct.em-lab.jp/)。どこまで続くか、走れるところまで行こう。「われらは遠いところまで行くのだ」(忍者武芸帳より)。

7:30PM〜

小川京子&もち子(右)


小川京子=厳密に言うと、NewComerではない。数年前、歌ったことがある。
フォルクローレの旋律に、怨念のこもった自作の詞をのせて歌う。
2013年リリースした初アルバム「その花は」はミュージックマガジンで激賞された。

もち子=横浜のライブシーンで特異な存在を誇る、バンジョー弾き語りのシンガー。
伝統的な奏法から自由に「はっぴいえんど」や「TheBand」の楽曲や詞の精神をベースに、自作の歌を歌う。
そのデリケートさは必聴の価値あり。

 要予約 Charge2000円(1Drink付き)