Live 4月9日(水) かがり&石井祐季

New Comers of Woodstock Café Vol.4

2014年から始まる新シリーズ。都内ライブハウスで活躍するが、当店にはいままで登場しなかった有望なアーティストに歌ってもらう企画。シンガーソングライターを愛するオールドとヤングの出会いの場になれば。この企画は、東京でもっともライブを見ている人(貯木堂主人推定、年間170本以上)、宮川健氏にアーティストの推薦と交渉の一切をやってもらった(彼のライブ評などはhttp://jct.em-lab.jp/)。これからは私もお手伝いするからね。どこまで続くか、走れるところまで行こう。「われらは遠いところまで行くのだ」(忍者武芸帳より)。

開演7:30pm〜


かがり
ガレージバンド「ガーベッジ・アンダーグラウンド」のベーシストとして活躍中だが、
ピアノのソロ活動も展開している。
パンクの曲が彼女の手にかかると、さわやかで温かい音楽に様変わりする。
お酒の失敗を歌う代表曲は必聴。
すべての働く人に捧げる純情ロック。


石井祐季
弱冠21歳。平塚在住。横浜のライブバーを中心に、精力的に弾き語り中。
可憐な風貌の中に、屈折した毒を持つ。
切なく叙情的なメロディにのせて秘められた感情を歌う。
あどけないのに、ときにドキッとするほど艶っぽい。
神保町を愛する文学少女でもある。

要予約 Charge2000円(1Drink付き)