9月のLIVE

※開場は開演の1時間前です。

 9月7日(水)7:30PM〜 玉野井徹

 

大阪出身のブルース・フォークシンガー。

歌謡曲っぽさもある。その全貌は謎に包まれているが、
実は当店の近くに勤める企業人。

決して太くはないボーカルなのだが、その説得力は人の心に迫るものがある。
心はプロフェッショナルだ。
オープニングアクトにWoodstock One。

要予約 Music Charge 1000円+1Order

9月10日(土)7:30PM〜 Goodbye Mama


70年代カントリーロックを愛する3人が結成したバンド。

ギター2本とマンドリン、そして3人のコーラスが
織りなすサウンドはカリフォルニア。

リトルフィート、イーグルス、デイブメイソン、
ニールヤング、クロスビー・スティルス&ナッシュ、
ジャクソンブラウンなどのカバー曲にオリジナル曲を織り交ぜる。

Bush高野(Mandolin、G、V)、
Tetsu滝沢(G、V)、James早川(G、V)。

Charge1000円+1ドリンク


9月14日(水)7:30PM〜 Mooney with コテツ


MooneyはUncle Mooney’s Jug Band、
Conxのバンドを経て、現在はソロやMad-Wordsで活動。

ソロでは、Rock & RollやOld Jazz Songのハッピーな歌で、
私たちを楽しませてくれる。優しい人柄も一見!? 

今回はハーピスト、コテツが一緒にやってくれる。

Charge 2800円(1Drink付)


9月20日(火)7:30PM〜 David Nichtern


あのマリア・マルダーが歌い、エイモス・ギャレットが
ギターを弾いた「真夜中のオアシス」の作者。

最近はソングライターを続けるとともに、
フォーク・グルーグラスシーン地道な活動を行っている。

問題の名前だが、70年代当時はニッチャーンとか
ニッチターンとか呼ばれていたが、チをほんの少し発音する
ニッターンが正しいらしい(どうでもいいけど)。

作者の声で「真夜中のオアシス」を聴こう!

ハープで松田幸一さんが客演してくれる。

要予約 Charge 3700円(1Drink付)


9月26日(月) 7:30PM〜  金森幸介


1951年生まれ。70年代から歌い続けているフォークシンガー。

「都会の村人」「IMO BAND」などのバンドを経て、ソロに。

バンドのアルバムをはじめ、「少年」「箱舟は去って」「金森幸介」など
多くのアルバムを発表。

現在でも関西を中心に多くのライブを行っている。

ぜひ彼の真摯な歌を聴いてほしい。

要予約 Charge 3000円(1Drink付き)