12月のLIVE

※いずれの日も開場は開演の1時間前です。

 a
12月1日(水)7:30PM〜 Mooney and Keni井上

あのすばらしい2人がまたやってくる。
MooneyはUncle Mooney’s Jug Band、Conxのバンドを経て、
現在はソロやMad-Wordsで活動。

ソロでは、Rock & RollやOld Jazz Songのハッピーな歌で、
私たちを楽しませてくれる。優しい人柄も一見!?

一方、Keni井上は夕焼け楽団のギタリストの、あの井上憲一さんです。
 独特のメローなギターは一見(一聴)の価値あり。

要予約。Charge 3000円(1Drink付き)

12月4日(土)7:30PM〜 辻本裕之
 
「ギター片手に唄乞食、24歳のとき、南へ行こうと思い立ち、
ヒッチハイクしながら街々の路上で唄い巡り沖縄へ。

FMたまんにて1年間、自身の番組『ずぶぬれ野良犬』の
ラジオDJを担当、ライブハウスGIBSONより、
自主制作版「旅の途中」を発表。

インディーズレーベルKEYSENCEより、2006年「唄吉」、
07年「唄吉.」を発表。現在新宿ゴールデン街を拠点に、

“呼んでくれればどこへでも”をモットーにライブ活動中」だそう。

年齢不詳、でも若い(私より)。楽しみ。

オープニングアクトに、Woodstock One。
要予約。Charge 1000円+1Order

12月8日(水)7:30PM〜 佐藤GWAN博


1970年代から歌い続けるシンガーソングライター。
心温まるファンタジックな歌が多い。

愛だ恋だという歌がまったくないところが、
“現代の童謡”たりえてるし、他のアーティストと
一線を画している。

70年代ベルウッドから「青空」を発表後、
20数年を経てセカンドアルバム「星空」を出す。
 これらのすばらしい歌を、多くの人にもっともっと聞いて欲しい。
要予約。Charge 3000円(1Drink付)

12月11日(土)7:30PM〜 Martin近藤、鳥海敦史



Martin近藤=浜田金吾に影響を受けた抒情的ポップス。
マーチンD-45がさわやかに鳴り、歌で綴る「現代的私小説」世界。

鳥海敦史=20歳でインディーズからレコードを発表。
ギターテクニックも個性的なボーカルもすばらしい。

要予約 Charge1000円+1Order

12月18日(土)7:30PM〜 カコFamily



詳細後報。
ぐわらん堂後期スタッフのかこちゃんが母娘のライブを決行。
これも楽しみ。
要予約。Charge1000円+1Order